あなたは今、お子さんが不登校になって悩んでいるかもしれない。

 

でも、悩むなんて実にもったいない。

 

だって、不登校は最大のチャンスだからだ。

 

 

なぜかって?

 

それは、

 

好きなことに使える時間が山ほど増えるからだ

 

 

たとえば、私の娘はプログラミングにハマっていて、時間があればプログラミングばかりしている。

 

ゲームみたいなものだからね。

すごく面白い。

 

でも、学校にいっている間は大好きなプログラミングを我慢しなければいけない。

 

 

それに比べて、不登校の子は朝から晩まで好きなだけ自分の好きなことに熱中できる。

 

ゲームをしているだけだったら親としては心配になってしまうだろうけど、その熱中することがプログラミングだったらいいと思わないだろうか?

 

だって、プログラミングさえできれば食いっぱぐれることなんてないのだから。

 

医者になるには親がお金持ちでないと大変だし、これからの時代、医者は淘汰される。

有名大学医学部出身以外の医者は医者として食っていけなくなる。

 

弁護士なんてすでに淘汰されている。

 

それに比べてプログラマーは人材不足でどこに行っても引っ張りだこだ。

 

もちろんブラックな会社もあるから気をつけなくてはいけないけど、医者や弁護士に比べたら将来はずっと明るい。

 

 

だから、もしあなたのお子さんが今引きこもっていたら、ぜひプログラミングをするように勧めてほしい。

 

プログラミングが出来れば、もう学校に行く必要なんて無い。

 

自分でwebサービスを作り出すことも出来るから、雇用される必要だってなくなる。

 

自由になるんだ。

 

でも、頭の固い人や古い考え方に縛られた人は、

「立派な学校を出て、立派な企業に勤めなくてはいけない」

と考える。

 

それはいくらなんでも時代遅れだ。

 

一流大学を出て大企業に出た人が過労自殺したり、セクハラしたりされたり、いくらでも事件が起こっているのに。

「安定」なんて幻想なのに。

 

もう日本に安定なんて無い。

 

だから、自分で生きる力を身につけることが大事なんだ。

 

そんな力を身につける方法はいろいろあるけれど、手っ取り早いのがプログラミングだ。

 

なぜならば、習い事程度の金額で始められて、一生役に立つし、何より、

若いうちに始めないと身につかないから。

 

どんなにやる気があっても、50過ぎの人が始めても、ものにはならない。

30歳が限度だろう。

 

 

時間は有限だからこそ、最も効果の得られるところに投資をするのが賢い。

 

不登校の今はチャンスだよ!

 

オンラインで学べるプログラミングスクール