あなたの親はスピリチュアルにハマっていないだろうか。

もし親がスピリチュアルにハマってあなたも苦しんでいるのだったら、ぜひ私の話を聞いてほしい。

 

・・・とその前に簡単に私の自己紹介をしておく。

 

私は子供の頃に不登校になった。

長い間不登校だったが、無事(?)社会復帰できた。現在では結婚もして子供もいる。

 

しかし、かつて「暗黒の時代」があったため、それなりに「不幸な人」たちに会ってきた。

その経験をふまえて少しだけお話をさせてほしい。

 

私のスピリチュアルの考え方

まず、私のスピリチュアルというものについての考え方だが、至って懐疑的である。

 

すなわち、スピリチュアルは好きではない。

 

というか、胡散臭いと思っている。

 

しかし、全てが全て悪いとも思っていない。

心の拠り所として神様の存在を信じたりすることは良いと思う。

 

悪いのは、スピリチュアルで金儲けをするバカたちだ。

 

そう、一番悪いのは詐欺師たちだ。

 

人は、悩み苦しんでいるとき、藁にもすがる思いで占い師や霊能者、ヒーラーの元へ出向く。

 

そして、誰にでも当てはまりそうなどうでもいいことをさも重要なことのように告げられると、「私のことだ!」と感動し、その詐欺師を信じてしまう。
ああ、なんと可哀想で愚かな人たちなのだ・・・。

 

残念なことに、そういったスピリチュアルで食っている詐欺師たちにひっかかると、財産が全てなくなるまで利用される。そして、財産が底をつくと捨てられる(本当だ。金の切れ目が縁の切れ目。金を持っていない人間に優しくするヒーラーなんていないよ)。

 

まあ、大人が一人で勝手に自己破産するならそれもいいだろう。

 

しかし、子供を持っている親がハマると大変だ。

 

これについては過去に多くの人たちが事件に巻き込まれたり心中したりしている。

 

こんな厄介事に巻き込まれたくないから、最近ではスピリチュアルを飯の種にしている人は「子供を持っている人はお断り」としているところが多い。

 

だって、自分が責められるなんて嫌だから。

 

自信がないから最初から厄介事とは関係を持とうとしないで金儲けのことだけを考えている。

あー金の亡者だね。嫌になる。

 

まあ、ろくに教育も受けていない人間が楽して大金を稼ごうと思ったら、スピリチュアルを仕事にするほど楽なことは無いからある意味賢いのかもしれない。

本当に神様がいたら、そいつら皆地獄に落ちるだろうけど。

 

あと、心理カウンセラーたちも。

 

私の知人が、ある詐欺師に大金を騙し取られたことがある。

その人が相談に行ったのは、内閣総理大臣認証NPO認定心理カウンセラーという肩書を持っていたらしい。

 

何だそれ(笑)

 

そんな資格聞いたことなかったから怪しいとすぐに気づいて「そいつ詐欺師だよ」と助言してあげたけど、既に相当大金をつぎ込んだ後だった。
(ちなみに内閣総理大臣認証NPO認定心理カウンセラーという表記は景品表示法違反。優良誤認ってやつ。)

 

まあ、こんな感じで、私はスピリチュアルを商売にする人が大嫌いだ。

それから、スピリチュアルにハマって子供を蔑ろにする人もあまり好きではない。

可哀想だとは思うけど、自分の家族に被害が及びそうだから関わりたくないと思う。

 

 

だから、親がスピリチュアルにハマっているあなたのことが本当に可哀想だと思う。

 

・・・辛いよね。

 

私は他人だから何もしてあげられない。

 

でも、助言だけはしてあげられる。

 

そして、この助言は少しは役に立つと思う。

 

 

まず、聞いてほしいのは、

親がスピリチュアルにハマっているからといって、自分もスピリチュアルにハマる必要は無いのだということ。

 

そして、スピリチュアルを嫌いになってもいいのだということ。

 

さらに、スピリチュアルにハマっている親を嫌ってもいいのだということ。

 

ただし、親を嫌うのはいいが、その思いに囚われてはいけない。

 

この、最後の部分を良く覚えておいてほしい。

 

憎しみの気持ちは人の心を潰しかねない。

 

あなたが親を憎んでいると、夜寝る前に必ず怒りの気持ちが湧いてきて眠れなくなるし、それにより心が痛くなる。

 

そうして、あなたは健康を害するし、心が駄目になる。

 

だから、あなたのためにその怒りの気持ちから目を背けた方がいい

 

親を許せとまでは言わない。それは難しいから。

 

親を許すんじゃなくて、自分が親に抱いている憎しみの心を忘れること。

忘れることはできないから、その気持ちを見ないこと。

 

そうして、もっと自分のためになることに時間を使うんだ。

 

 

私の知人でスピリチュアルにハマった親から逃げ出して(家出)風俗で働いていた女の子がいた。

 

精神的におかしくなってしまっていて、自分のことを大切にしようなんて気持ちをこれっぽっちも持っていなかった。

 

自殺未遂をよくしていたし、怖かったから、私はそんな友達から逃げた。

 

本当は何かしてあげるべきだったのだろうけど、子供だった私は怖くて逃げた。

 

自分まであの世界に引きずり込まれると思ったから。

 

 

あなたは、まだ学生なら勉強を頑張ってほしい。

そして、良い学校へ行ってなるべく良い企業に入って普通の生活を手に入れてほしい。

 

でも、勉強が苦手だったり学校へ行くことを許されないとか既に働いているという場合もあるだろう。

 

そんな人は、働きながらでもいいから、スキルを磨くことをしてほしい。

 

ここで、スキルとは、良い仕事を得ることが出来るスキルを指す。

 

資格というわけではない。

簡単に取れる民間資格なんてくだらないものばかりだし、国家資格は難しいものが多い。

資格について語りだすと長くなるからここでは省く。

 

 

私は、子供の頃英語力を磨いた。そして、良い仕事を得た。

 

現代だったら英語が出来る人はいくらでもいるから、英語力を磨くよりはプログラミングでも出来ると良いだろう。

 

多少お金を使えるのなら、以下で紹介しているようなプログラミングスクールに通うと良い。

 

人生が変わるよ。

おすすめのプログラミングスクール

でも、親がお金を出してくれないことも多いだろう。
そういう場合は、ハローワークで職探しをしているときにプログラミングスクールを紹介してもらうといい。

お金を出して習うところほど良い教育は受けられないだろうけど、とりあえずプログラミングのイロハくらいは出来るようになる。

そして、ある程度プログラミングを覚えたら、それで仕事を得て、更にスキルを磨くんだ。

そうしたら、かなり収入も得られるし、生きるのが楽になる。

 

親のことは可哀想だけどしばらく方っておいても良いと思う。
会いたくなったらまた会えばいいし、会いたくなかったら距離をおいておけばいい。

 

とにかく、親の呪縛に縛られたままだと何もできないから、今は自分の将来のことだけを考えて生きてほしい。

それが、私があなたに伝えたいことだ。

 

信じられないかもしれないけど、環境が変われば人生も変わるよ。

私がそうだったように。

 

死にたいほど絶望していた不登校の時代が今ではとても懐かしい。