2020年からプログラミングが小学校で必修化するということで、世間は騒がしい。

 

・・・おっと、いきなりプログラミングの話なんかしてごめん。

でも、ちょっとだけ雑談に付き合ってほしい。

 

 

プログラミング必修化に伴って、慌てて子供をプログラミング教室へ通わせる親が山のようにいる。

 

しかし、今、教室へ通っていない人は安心してほしい。

 

小学校で学ぶことなんて全然大したことじゃない。
小学校で学ぶプログラミングなんて本当に基礎の基礎。
すぐに追いつける。

 

普通、プログラミングは30歳を超えると無理なのだけど、小学校のプログラミングは、30歳超えた親が子供と一緒に学ぶことができるくらいレベルが低い。

 

小学校は国語や算数や音楽や体育、みんな揃って給食食べたり掃除したりその他諸々のことをしなくちゃいけないのだから小学生は時間がとれない。

プログラミングをする時間なんてほんのわずかしかとれない。

 

だから、みんな、習い事としてプログラミングを始める。

 

我が家の娘も小学二年生で始めた。

他の習い事は続かなかったが、プログラミングだけは続いている。

 

私もプログラミングの初歩的なことだけはわかるから、食事中は、よく、子供が習ったことを話題にしている。

 

うちの娘は私と違って不登校ではないけれど、もし、今不登校で小学校や中学校、高校に行っていない子がいたら、ぜひプログラミング「だけ」をしてほしい。

 

他のことなんてしなくていい。

 

ただプログラミングをしてほしい。

 

それを一生懸命1年間続けてほしい。

 

 

 

人生が変わるよ。

 

 

他のみんなが国語や道徳や体育やその他いろいろ嫌でもやらなくちゃいけないことをしている間に、プログラミングだけを学んでつきぬけてしまえばいい。

 

なんでもほどほどにできる人よりは、他のことはあまり〜全然できないけれど一つだけ突出してすごくできる人のほうが市場価値が高い。

 

RPGやシュミレーションみたいなゲームが好きな人にはこういえばいいかな。

 

力も魔力も素早さも防御力も全て平均値のキャラクターと魔力だけ飛び抜けていてあとは全部平均以下のキャラクター。どちらが強いか、ということと同じ。

凡庸な人は凡庸な人のまま出番がないまま終わる。

 

しかし、何かに飛び抜けていると、(そしてそれ以外は全て平均以下でも)

いくらでも活躍の場がある。

 

 

だって、中学校のときに習った数学なんて普段の生活の中では使わないでしょ?

 

古文なんて知らなくても大丈夫。

清少納言がなんて言った、なんてそんなもん漫画読んでいれば学べる。

学問として極める必要はない。

 

同じ言葉を学ぶなら英語を学ぶべき。

古文を知っていてもお金なんて稼げないから生きていけないけれど、英語さえできれば生きていける。

 

歴史なんて好きな人が趣味でやればいいだけの学問。
私は歴史が好きですごくやりこんだけど、一円にもなっていない。

もちろん好きでやりたいのだったら否定すべきじゃない。

全力でやるべきだ。

 

ただ、歴史で生計を立てるのはかなり難しい(教員か研究者くらいしか仕事がない)。

 

 

もし、今、学校にいけなくて、自分に居場所がなくて、自分の価値を感じられない人がいたら、プログラミングをしてほしい。

 

純粋に楽しいし、達成感をすぐに感じることができるから。

 

そして、自分に自信を持つことができるから。

 

「自分は生きていてもいいんだ」とまず感じ、そして、熱中できることができると、人生が楽しくなり、今までの悩みなんて吹き飛んでしまう。

 

世界には沢山の人がいて、いろいろな価値観がある。

 

いじめをするような情けない人間もいれば、いじめを受けるあなたや私みたいな人もいる。

 

誰でもいじめ被害者になる可能性があるときに、一度いじめを受けただけで人生を諦めてしまってはもったいない。

 

 

あなたの、その狭い世界から抜け出してほしい

 

そのためのツールが、プログラミング。

(私の場合は昔だったから英語だったけど)

 

プログラミングができれば仕事に困らないし、仕事に困らないということはどこにいても食べていける。

 

自分で稼げるということは大きな自信になる。

 

だから、自信を喪失していた引きこもりや不登校の子には
自分を肯定するためにも、ぜひプログラミングを学んでほしい。

 

 

・・・そうそう、プログラミングを学ぶ上で絶対に忘れないでほしいことが一つだけある。

 

それは、

 

プログラミングを制するものは全てを制するわけではない

 

というアタリマエのこと。

 

 

プログラミングを学んでいない今は「何いってんの?」くらいにしか感じないかもしれない。

 

でも、プログラミングを学んで詳しくなると、なんでも出来て全能感を持つようになって、「自分はすごい」と鼻高状態になってしまう可能性がある。

 

それはいただけない。

 

プログラミングはあくまでもツール。

 

流行りでかっこよく見えるかもしれないけど、「すごい」わけじゃない。

 

だから、プログラミングが得意になっても、決してプログラミングをできない人を見下すようなつまらない人にはなってほしくない。

 

 

私はいじめを受けて苦しい思いをした。

 

未だにいじめた人を完全に許せない自分がいる。

 

でも、他人を傷つけたいとか他人を見下したいなんて気持ちはこれっぽっちも持っていないし、この文章を読んでいる人にもそんなふうになってほしくない。

 

私があなたに期待することは一つだけ。

 

 

プログラミングを楽しんでほしい。

他人のことなんて気にすること無いよ。

 

 

好きなことに熱中していると、自分と同じような人と繋がれる。

 

世界は広いということに気づけるよ。

 

生きているって、楽しいことなんだ。

 

お勧めのプログラミングスクール