メディア(ネットの記事や低俗な雑誌、バラエティ番組など)では、「モテるやつが偉い」ということになっている。

 

男性向けの雑誌ではいかにしてモテるか、が力説され、高齢男性向けの雑誌では「モテるオヤジ特集」が組まれる。

 

女性向けの雑誌では「モテメイク」や「モテカワ」といった言葉が多用され、いかに男にモテるかが女として価値があることとイコールであると当然のように書かれている。

 

 

・・・が、念のためここで言っておきたい。

 

 

メディアに騙されるな。

 

モテるということは嬉しいことではあるが、それだけであり、あなたの男や女としての価値が決まるわけではない。

 

しかし、メディアではモテることが最も重要であることのように情報を操作する。

 

それにより、人々はもっとモテる方法が知りたくなり、情報を求め、モテるための筋トレグッズやら服やらなんやらを購入する。

 

こうして、あなたはメディアに踊らされ、モテるために必死になる。

 

 

しかし、賢い人はメディアの戦略には乗らない。

 

ひたすら自分の道を進む。

 

そして、大成する。

 

 

いわゆる「情弱(情報弱者)」と呼ばれる人は、メディアに支配されやすい。

 

そして、メディアに洗脳されているのにそのことに気づかない。

 

洗脳された人の特徴だ。

 

危険な宗教にハマっている当人は何も危険性を感じていない。

 

 

あなたも、メディアに支配されてはいけない。

 

人生を無駄にするからだ。

 

モテるための幸運グッズを買ったりして散財するよりは、もっとマシなことにお金を使うべきだ。

 

 

男の場合は、いかに女性経験があるかが重要のように考えがちだ。

 

しかし、女性が男遊びをするのが好ましくないのと同じように、男性が女遊びをするのも好ましくない。

 

なぜなら、性に溺れて他の重要な事が疎かになるからだ。

 

 

しかし、性産業は莫大な金を生むため、性産業は、男には女を求めてもらわなくてはならない。

 

したがって、あの手この手で洗脳しようとしてくる。

 

モテるために人生を費やした男は哀れだ。

 

特に低年齢のうちにそんなことになった場合、破滅の人生が待っている。

 

女性のように妊娠しないから大丈夫だなんて思っていられない。

女性を妊娠させれば養育費の支払いが生じるし、性病感染の危険性も高くなる。

 

中学生、高校生といった勉強をするべき時期に性に取り憑かれた男は哀れだ。

 

 

それに比べて、女性経験のないまま20代を過ぎてしまった男はどうだろうか。

 

実は、あまり公にされていないが、そんな男の方が30代で幸せをつかむパターンが多い。

 

というのも、女性は結婚する場合に女性経験の少ない男性を好むからだ。

 

全く女性経験が無い男性も、「モテる」。

 

これは事実だ。

 

しかし、こうした事実が知られるとメディアや性産業は儲からなくて困ってしまう。

 

だから、こういったことはあまり公にされない。

 

 

この事実を知ったあなたは、ぜひ、「性経験がなくて恥ずかしい」なんて馬鹿げた幻想は取り払ってほしい。

 

セックスなんて猿でもバカでもできる。

 

結婚してからモテても不倫になって困るだけだ。

 

 

だから、モテる必要などないのだ。

 

モテるために必死になるより勉強をするべきだ。

 

英語やプログラミングをすれば、知識が身について良い仕事を得られ、結果として、モテるようになるしね。